苺と葡萄のチーズカスタードクリームタルト


苺と葡萄のチーズカスタードクリームタルトです。 

16㎝のタルト型を使って作りました。タルト台にクリームチーズを加えたカスタードクリームをたっぷり詰めて、葡萄(トンプソン)と苺をのせ、フレンチタイム、レモンバーム、セルフィーユで飾りました。

サクサククッキーに甘いクリームと果肉のしまった葡萄がジューシーでした。ハーブ類は食べるときには取り除いたのですが、クリームやフルーツにほんのり香りが移っいて、口に入れると爽やかな香りが広がってなんとも春っぽい。

カスタードクリームに加えたクリームチーズの量は30g。どちらかといえば、チーズ感たっぷりというより、カスタード風味寄りのチーズカスタードクリームです。それでもクリーミーなチーズの味もちゃんとしていました。

今回はクリームの上に葡萄(トンプソン)を並べたシンプルなものですが、ゼリーなどで葡萄の粒を固定すると、切り分けたときに崩れずいいみたいです。

[PR]

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。