和風デコレーション厚焼きホットケーキ



中まで火が通るのに時間がかかるけれど、それでも食べたいと思わせる魅力のある分厚いホットケーキ。

スタンダードなプレーン味のケーキにゆであずきや生クリーム、栗の甘露煮、ごまのチュイールなどをあしらって、和風にデコレーションしてみました。

セリアの厚焼きシリコンホットケーキモールド使用して、ホットケーキには市販のミックス粉を使いました。

極弱火で焼き上げ、出来上がりの厚さは約3㎝です。

写真撮影をしていたら冷めてしまったので、トースターで軽く焼いて温め直しました。

すると、表面がサクサク食感になり、まるで素朴なビスケットのようです。

ホットケーキをナイフで切り分けてその分厚さにうっとりした後、たっぷりのクリームやらゆであずきやらを絡めて、口へ運びます。

ホットケーキの中はしっとりふんわりしていて、バニラの香りがほんのり。

控えめな甘さの小豆と生クリームの味わいが全体に広がると、なんだか洋風大判焼きみたいです。

カリカリサクサクのごまのチュイールの強い砂糖の甘みと炒りごまの香ばしさがアクセントになって、少量をかじるだけで味も食感も変化。

栗がひと粒あるだけでなんだか贅沢感が増したような気がします。

最後に煎茶を口に含むとすーっととけて、後味もすっきりでした。

[PR]

タイトルとURLをコピーしました