カスタードクリームガトーバスク

カスタードクリームを中に詰めて焼き上げたガトーバスクです。

直径15㎝のデコレーションケーキ型を持っていなくて(以前持っていたものは古くなってきたので処分したんです)、直径15㎝のセルクルと、敷き皿として18㎝のタルト型を組み合わせて作りました。

今回の分量で作って、出来上がりの高さは約4.2㎝ほど。

アーモンド粉を使っていないシンプル版で、使用するバターにはマーガリンを混ぜ込んだので、あっさりした口当たりに仕上がりました。

バターの比率が高かったり発酵バターを使用してみたり、アーモンド粉が入っていたら、今回よりももっとバターやアーモンドの芳香が漂うんだろうなあ。

でも自宅用の普段使いのおやつだから多少あっさりしていた方が、むしろこのどっしりしたケーキを消費するには好都合でした。

クッキー生地は型に絞り出して焼くタイプです。

出来上がったものをかじると、柔らかくしっとりしていて、きめ細かい生地肌です。フォークもすんなり入っていきます。

砂糖を少し減らした分、甘さはやや控えめ。

その代わり、カスタードクリームにはちょっと多めのバターを加えて、口どけ滑らか濃厚でクリーミーな仕上がりに調整して全体のバランスを取りました。

クリームの香りは重要ですからね。ここは惜しまずマーガリンではなくバターを使用しました。

食べてみると、卵の黄身の香りがふわんと漂いました。

飾り気のない素朴な卵ケーキの中で、卵がしっかりと主張している感じがしてちょっと嬉しい。

このカスタードクリームが、クッキー生地をさらにしっとりさせるようアシストして、口の中でほろっと崩れて溶けていきました。

[PR]

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。