ビターチョコがけバトンスコーン【レシピ】


薔薇とスコーンと私。

バトン形ビターチョコレートがけスコーン レシピ

お茶を淹れて、静寂の世界へ旅してみませんか。

バトン形ビターチョコレートがけスコーン レシピ

大きく腹割れしたバトン形(長方形)のスコーンにビターチョコレートをたっぷり上に塗りつけて、フリーズドライイチゴを散らしました。

見た目はエクレアに似てますね。

バトン形ビターチョコレートがけスコーン レシピ

ふんわり、ほろうま。

甘さ控えめで、生地は気泡をたっぷり含んで軽く、口の中でほろっと崩れるタイプのスコーンです。

ビターチョコレートをかけて贅沢に。イチゴを散らしてもっと乙女に。

【ビターチョコがけバトンスコーン レシピ
約10cm×3cmのスコーン 5個分

【材料】
粉類:
・薄力粉 125g
・ベーキングパウダー 5g
・バター(マーガリン可) 31g

卵液:
・全卵 1個
・牛乳(卵と合わせて)62g
・グラニュー糖 13g
・塩 1g
・レモン汁 1g

デコレーション用チョコレート:
・ビターチョコレート 60g~適量
・フリーズドライイチゴ 適量

【下準備】
・薄力粉とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。
・天板にオーブンペーパーを敷いておく。
・チョコレートを溶かすとき入れる小さくて深めのボウルを用意しておくと便利。
・打ち粉(分量外の薄力粉)を用意しておく。

【作り方】
1.ボウルにふるった粉類を入れ、バターを加えて、バターが米粒大に細かくなるまでカードで刻む。大体出来てきたら指でバターを潰してもよい。
2.別のボウルに卵液の材料を入れてよくかき混ぜる。出来た卵液を1.のボウルに流し入れ、混ぜ合わせる。まだ粉気が軽く残っている位で混ぜるのをやめる。
3.ボウルにラップをして冷蔵庫で約15分休ませる。
4.打ち粉(分量外の薄力粉)を多めに敷いた台の上にスコーン生地を取りだし、打ち粉をつけながら軽く捏ねる。大まかに表面が滑らかになるまで、20回ほど。
5.生地を厚さ1.5cm、15cm×9cmの長方形に伸ばし、5等分(一つにつき3cm×9cmの大きさ)に切り分ける。
6.予熱温度220℃のオーブンに入れ、220℃で約7分、200℃に落として約3分ほど焼く。焼きムラを防ぐため、途中(残り3分程度)で天板の向きを変える。
7.網の上に移して冷ます。
8.ビターチョコレートを40~45度の湯煎にかけて溶かし、スコーンの上につける。さらにうえからフリーズドライイチゴを散らし、冷やし固めて完成。冷蔵庫に入れると早く固まる。

【その他のスコーンレシピ】

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。