【レシピ】華やかに甘酸っぱいハート形サブレフランボワーズ・ラズベリーアイシングクッキー

現代に息づく古典の中の眠り姫が目覚めるときのような。

そんな感覚を覚えた。

【レシピ】ハート形サブレフランボワーズ・ラズベリーアイシングクッキー

出来上がったサブレフランボワーズを前にすると、

まずは厚みがあってふっくらとしたハートフォルムのサブレ生地を覆う

鮮やかなピンク色の砂糖衣が目に飛び込んでくる。

【レシピ】ハート形サブレフランボワーズ・ラズベリーアイシングクッキー

手に持ってそっと口の中に運び入れた瞬間、

アイシングが即座に溶けたかと思うと

ラズベリーの香りが華やかに甘酸っぱく広がる。

【レシピ】ハート形サブレフランボワーズ・ラズベリーアイシングクッキー

サブレ生地には粉砂糖を使った。

【レシピ】ハート形サブレフランボワーズ・ラズベリーアイシングクッキー

バターやラズベリーの独自の風味がストレートに伝わってくる。

【レシピ】ハート形サブレフランボワーズ・ラズベリーアイシングクッキー

気泡を含んでさっくりとしていて、甘さ控えめ。

ほんのりとアーモンドが入ってより上品な味わいになった。

 


【レシピ 華やかに甘酸っぱいハート形サブレフランボワーズ・ラズベリーアイシングクッキー】
5×5.5cmハート型 生地を厚さ5mmに伸ばして焼いて 約15枚分 1枚約13g


【材料】
粉類:
・薄力粉 75g
・コーンスターチ 5g
・ベーキングパウダー 4g
・皮付きアーモンドプードル 16g

・無塩バター 40g
・粉糖 29g
・塩 0.7g
・卵黄 17g

ラズベリーアイシング:
・粉糖 50g
・ラズベリーピューレ 15g
・卵白 3g
・クエン酸 0.1g
・ラズベリーエッセンス 0.1g


【下準備】
・粉類(薄力粉、コーンスターチ、ベーキングパウダー、アーモンドプードル)は合わせてふるっておく。
・天板にオーブンペーパーを敷いておく。
・オーブンは焼成前に予熱を入れる。
・無塩バターは常温の柔らかい状態に戻しておく。(電子レンジ150wで約30~1分秒加熱すると早いです。溶けないように注意。)


【作り方】
1.ボウルに無塩バターを入れ、クリーム状になるまで木べらで練る。木べらについたバター等はゴムべらを使って払う。
2.きび砂糖と塩を加えてよく混ぜ、卵黄を加えてさらによく混ぜ合わせる。
3.粉類を入れ、ゴムべらでさっくりと混ぜ合わせてひとまとめにする。
4.生地をラップで包み、冷蔵庫で2時間以上、できれば1日寝かせる。
5.ラップから生地を外し、軽く練って生地を滑らかにする。ラップの間に挟んで、5㎜の厚さにめん棒で伸ばし、丸型で抜く。やわらかい生地なので、冷凍庫で冷やすと抜きやすくなる。
6.天板に並べ、180℃のオーブンで約15~17分焼く。焼きムラを防ぐため、オーブンタイマーの残りが6分程度になったら向きを変える。
7.網の上に移して冷ます。
8.ラズベリーアイシングを作る。ボウルに材料を入れてよく混ぜ合わせる。できたアイシングをサブレの上にハケでぬる。熱の取れた天板の上に再度並べて置く。
9. アイシングを乾かす。110℃のオーブン予熱を入れ、天板を入れたら100℃に落として7分30秒、向きを変えてさらに7分30秒焼く。オーブンの扉を開けたまま完全に冷ます。時間は目安で、湿度の高い日などは更に100℃で5分~20分ほどの焼成乾燥が必要になるかも知れません。
10.オーブンから取り出し、網の上に移して完全の完全に冷ます。


メモ:
・材料の無塩バターは、全量をバターで作ると香りは高いですが胃に重くなるので、今回は製菓用マーガリンを混ぜて作ってあります。
・焼き上がったクッキーは、タッパーなどの密封容器に入れて冷蔵庫で保存すると劣化が遅いです。
・アーモンドプードルを粉類と合わせてふるった時に網の目を通らないくて、最後にアーモンドプードルだけが残ってたりします。その場合はそれを粉類にそのまま投入して、ざっと混ぜ合わせれば大丈夫です。
・時間に余裕のあるときに作ることを推奨します。フルーツピューレを使ったアイシングはなかなかのくせ者です。サブレにアイシングを塗って乾かすだけと簡単な作業工程なのですが、フルーツピューレ自体の濃度や日々の湿度の違いによって乾かすのに予想以上に時間がかかってしまったりします。
・私のオーブンでは焼成時間は180℃16分残り6分で向き変えです。
生地総量186g 出来上がり厚さ約9㎜

 

[PR]

アパレル求人・転職ならクリーデンス(CREDENCE)
タイトルとURLをコピーしました