【レシピ】甘食 砂糖控えめジャムサンド用

真っ赤な苺ジャムをたっぷりと塗りつけて、こんもりとした形の甘食(あましょく)ではさむ。

【レシピ】甘食 砂糖控えめジャムサンド用

苺の優しい甘酸っぱさと、あっさり軽めなカステラ・ビスケット風味の甘食との出会い。

色合い的にも鮮やかさが増して食欲をそそる。

お皿に甘食をのせて、さあ紅茶を淹れようか。

【レシピ】甘食 砂糖控えめジャムサンド用

この苺ジャムサンド甘食は苺ジャムパンよりは卵たっぷりリッチな味わいで、ヴィクトリアサンドイッチケーキよりはずっと軽くてあっさり。

毎日食べても飽きないくらい。

【レシピ】甘食 砂糖控えめジャムサンド用

今回は生地の砂糖の量を減らしてジャムサンド用に甘さを調節してみた。

最初からジャムを挟むのを目的としているなら、加えるグラニュー糖の量は35gでもいい気がする。

個人的に。

だけど何もつけない甘食を望むなら、グラニュー糖の量は40gの方がしっとりしていて食感的に好みかな。

とても小さな違いだけれども。

グラニュー糖40gのレシピはこちら【レシピ】甘食 砂糖減らして甘さ控えめ毎日食べたいver.

【レシピ】甘食 砂糖控えめジャムサンド用

それから今回は甘食生地を練った後、予熱が完了するまで数分間寝かした。

その後絞り袋に詰め替える前に再度ゴムべらで軽く練り、袋に詰めて生地を絞り出してオーブンの中へ。

焼成中の生地の割れ具合は、生地を少し寝かせた方が勢いがあるね。

生地が上に向かって噴きだすようなイメージ。

大きさはやや小ぶりに仕上がるけれども、見た目の割れ具合を重視するなら生地を寝かせるといいと思う。

ふんわり食感重視で、気泡がより大きくて横にも広がるタイプがお好みなら、甘食生地を練ったら即絞り出すのがいいかもしれない。

それまでにオーブン予熱を完了しておけば、流れは滞りなく進むはず。

【レシピ】甘食 砂糖控えめジャムサンド用


【甘食 甘さ控えめジャムサンド用 レシピ】
1つ約51g 8個分


材料:

粉類:
・薄力粉 200g
・ベーキングパウダー 8g

卵液:
・全卵 100g (約2個分)
・牛乳 50g
・グラニュー糖 35g
・はちみつ 10g

・重曹 1g
・水(重曹用)1g

油脂:
・バター 16g
・ラード 20g

切り込み用:
・サラダ油 適量

ジャム:
・苺ジャム 適量


【下準備】
・直径1.3cmの金口を絞り袋にセットしておく。絞り袋の大きさは内容量600mlを使用しています。
・天板にオーブンシートを敷いておく。
・湯煎の準備をする。小鍋に水を入れ、50℃まで温めておく。
・粉類は合わせてふるっておく。さらに泡立て器でぐるぐる混ぜておく。
・重曹は水に溶いておく。
・生地の切り込み用に先の鋭いナイフ・包丁を用意しておく。
・バターはやわらかいクリーム状にしておく。電子レンジ150wで30秒ほど加熱した後、ゴムべらで練るとすぐに出来上がる。
・オーブンの温度を220℃にセットし、予熱開始しておく。

 


【作り方】
1.ボウルに粉類を合わせてふるっておく。
2.別のボウルに全卵、牛乳、はちみつを入れて混ぜ、そこへグラニュー糖を加えて泡立て器で混ぜたら、湯煎にかけて砂糖を完全に溶かす。溶けたら湯煎から外し、水で溶かした重曹を加えて混ぜ、1~2分置いて冷ましておく。
3.2.で冷ましておいた卵液にやわらかくしたバター等の油脂を加えて泡立て器でよく混ぜ合わせる。
4.卵液を粉類に流し入れ、ゴムべらで混ぜ合わせる。このとき、生地になめらかさと艶が出ているかを確認する。
5.生地の形が崩れるのを防ぐため絞り出したら直ぐにオーブンに入れて焼きたいので予熱が完了していることを確認した後、絞り袋に生地を詰める。ベーキングシートの上に直径6cmほどのドーム型に絞っていく。垂直に山形に絞ることで、甘食らしい形に焼ける。焼成中に膨らむので、充分に間隔を開けて絞り出すこと。
6.絞り出した生地の上部中央にサラダ油を塗ったナイフで切り込みを入れる。生地の側面に油が垂れてはいけない。油がつくとその部分が焼成中に割れてしまう。
7.200~210℃のオーブンで12分、焼き色がつくまで焼く。焼きムラを防ぐため、残り約5分で天板の向きを変える。
8.オーブンから取り出し、網の上で冷ます。粗熱が取れた後、袋に入れて保存する。半日~翌日まで置いた方が味がなじんでおいしい。
9.包丁で半分に切りわけ、ジャムを塗ってはさむ。


メモ:
・ベーキングパウダーは縦に膨らむ作用があり、重曹は横に膨らむ作用がある。
・重曹を加えると、焼き上がりが黄金色に色づく。甘食の見た目がいかにも卵たっぷり入っていそうな色をしているのは、重曹のおかげである。ベーキングパウダーだけだど、もっと白っぽい仕上がりになる。
・重曹は混ざりにくいので、水に溶かしてから生地に加えるようにする。
・絞るときは、垂直方向に約1cmくらいの高さから絞り始め、次第に3cmほどの高さに上げてく
・ナイフは尖ったバタースプレッドナイフ、包丁、ハサミ等を使うが、先の細く鋭利な包丁がおすすめ。
・切り込みは鋭利なナイフで縦に深く、横に小さい方がいい。切りこみ線が横に長い(大きい)と生地が横に割れて(または横に広がって)高さが出なくなってしまう。深さは1cmほど。側面に油がたれないようにするとうまくできる。
・全卵の分量は守る。卵の量が多いとぱさついた食感に傾くので注意。


タイトルとURLをコピーしました