【レシピ】冷めてねっちり強め・しっとりソフトアメリカンクッキー ココア×ホワイトチョコレートチャンク

甘くかすかにほろ苦いココア風味のクッキー生地に、ちゅっと広がるなめらかミルキーなホワイトチョコレート。

【レシピ】冷やしてねっちり強め・しっとりソフトアメリカンクッキー・ココア×ホワイトチョコレートチャンク

この黒と白の二つが出会う瞬間が一番おいしい。

【レシピ】冷やしてねっちり強め・しっとりソフトアメリカンクッキー・ココア×ホワイトチョコレートチャンク

ココア生地にホワイトチョコレートチャンクを加えて焼き上げた、

大きくてしっとりねっちり系のアメリカンクッキー。

【レシピ】冷やしてねっちり強め・しっとりソフトアメリカンクッキー・ココア×ホワイトチョコレートチャンク

1枚の直径が焼く10cmほどあり、厚さは約1cm、重さは73gあった。

オーブンから取り出して網の上に取り出すと、

ふっくらと膨らんでいたクッキーは蜜がはじける音を放ちながらしぼんでいって、

やがて見覚えのあるクッキーの形へと落ちついてゆく。

早くクッキーの熱が取れないかな。待ち遠しい。

【レシピ】冷やしてねっちり強め・しっとりソフトアメリカンクッキー・ココア×ホワイトチョコレートチャンク

焼き立てはクッキーの縁がサクサクしていて、中央部分はややねっとりとしている。

喉の奥が熱くなってきたところでコーヒーを口に含むのだ。

クッキーがコーヒーの熱で溶かされて、新しい状態へと変化してゆく。

【レシピ】冷やしてねっちり強め・しっとりソフトアメリカンクッキー・ココア×ホワイトチョコレートチャンク

このアメリカンクッキーは冷蔵庫に入れて一晩冷やすと、翌日はしっとりねっちり度が増す。
特に中央部分は噛み応えがあってチューイーな食感を堪能できる。

このクッキーの最大の特徴なのだ。

冷えたまま食べるとクッキー生地がねっちりしていてこそ至高!

という瞬間を体験した後、

トースターで軽く焙ると、

クッキー生地は柔らかくなる反面、ホワイトチョコレートがクリーム状になって舌の上でとろけたりする。

これもまたいいなあ、うんうん。

クッキー生地の表面のさっくり度が復活するのもいい。

【レシピ】冷やしてねっちり強め・しっとりソフトアメリカンクッキー・ココア×ホワイトチョコレートチャンク

この寒い季節の友人は、

これから始まる気温の低下に伴って、

私の元へ何度も訪れてくれそうな予感である。

 


【冷めてねっちり強め・しっとりソフトアメリカンクッキー ココア×ホワイトチョコレートチャンク レシピ】
出来上がり 直径約10cm 一枚につき約73g 厚さ約1cm 4枚分


【材料】
・製菓用マーガリン 40g
・無塩バター 10g

・きび砂糖 75g
・はちみつ 5g
・塩 1g
・重曹 1g
・レモン汁 5g

・卵黄 20g(M玉約1個分)

粉類:
・強力粉 80g
・ココアパウダー 15g
・ベーキングパウダー 4g
・森永クリープ(またはコーヒーに入れるクリーミングパウダー)10g

チョコレート:
ホワイトチョコレート(森永ダースホワイト1箱分)約42g


【下準備】
・粉類(強力粉、ココアパウダー、ベーキングパウダー、森永クリープ)は合わせてふるっておく。
・油脂(製菓用マーガリン、無塩バター)は常温にしておく。
・ホワイトチョコレートを2分割にカットしておく。
・天板にオーブンシートを敷いておく。


【作り方】
1.ボウルに製菓用マーガリンと無塩バターを合わせて木べらでクリーム状に練り、きび砂糖、はちみつ、塩、重曹、レモン汁も加えてよく混ぜ合わせる。
2.卵黄を加えてよく混ぜ合わせる。
3.ふるっておいた粉類を2.のボウルにくわえて、ゴムべらでざっと混ぜ合わせる。ホワイトチョコレートチャンクも加えてさっくりと混ぜ合わせる。ベーキングパウダーが反応して効力が薄れてしまうため、生地を練らないように注意する。粉気がみえなくなったらすぐに混ぜるのをやめる。まだひとまとめにしない。
4.ボウルにラップをして冷蔵庫に入れ、15分休ませる。
5.オーブンの予熱を180℃設定で開始。冷蔵庫からクッキー生地を取りだしてひとまとめにし、一度全体の重さを確認してから4等分にする。手で丸めて直径7cmのハンバーグやおはじきのような平たい丸形に整えたら天板に並べ、180℃のオーブンで5分、170℃に落として10分焼く。焼きムラを防ぐため、残り時間8分程度で向きを変える。
6.焼けたらオーブンから取りだし、オーブンペーパーごと網の上に移して冷ます。オーブンから取り出した直後は非常に柔らかいので、オーブンペーパーをスライドさせるようにして網の上に移すと上手くいく。


メモ:
・クッキーの生地を四等分した際、一つにつき焼成前が約78g、焼成後は73gになりました。
・4~5日ほど冷蔵保存できます。それ以内に食べきれない、あるいは少しでも劣化を防ぎたい場合は、ラップに包み、さらに袋かタッパーなどの密封容器に入れて冷凍保存します。

 


[PR]

京都せんべいおかき専門店小倉山荘
タイトルとURLをコピーしました