紫芋汁粉


紫芋汁粉。

皮を剥き、茹でて汁ごと裏ごしした後、砂糖を加えてとろりと煮詰めた甘い喜び。

紫芋汁粉

高貴な京紫を思わせる色彩を放ち、強烈な吸引力を持って異界に誘(いざな)われます。

いざ!と思えど、たじろいでしまいます。

しかし白梅や乙女椿の花に「さあ、お飲みなさい。」と勧められた気がして、勇気を出して一口啜(すす)ってみます。

紫芋汁粉

行きつく先は魔界の都かと思いきや。

その味わいは、すべてを優しく包み込むような手弱女(たおやめ)の白魚の指先を思わせる繊細さ。

かぐわしい紫芋独自の味わいは、彼女が焚く香炉の匂いが漂っているかのよう。

紫芋汁粉

まろやかにとろんとした口あたり。

静かでじんわりと響く甘やかさ。

ああ、このぬくぬくとした温かさにいつまでも浸っていたい。

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。