朝の森で食パンを。厚さ約4㎝のバタートースト

静かな湖畔の森で朝を迎え、ラズベリー摘みに出かけた後、自宅でトーストを頬張る。清涼な木々の香りに包まれて、澄みきった空気に鳥たちの泣き声がこだまするような、そんな朝です。(想像です)

森の緑に囲まれていただく朝食。厚切りのトーストと摘みたてラズベリー

 12cm正角型で焼いた食パンを分厚く4cmにスライス。表面に格子状の切り込みを入れて、軽くトースト。表面にバターを塗って、再度トーストしてバターを溶かします。一度冷え込んだ表面も、これであつあつ状態に。それから温かい飲み物を用意して、準備万端。

森の緑に囲まれていただく朝食。厚切りのトーストと摘みたてラズベリー

この分厚いトーストが醸し出す贅沢感にうっとりしますねえ。パンに内包された気泡の中に森の空気が含まれていると想像するとなおさらです。

森の緑に囲まれていただく朝食。厚切りのトーストと摘みたてラズベリー

噛んだり、指でちぎったりすると、柔らかそうな湯気を立てながらお目見えする、白くふんわりした食パンの中身。しみ込んだバターの芳醇な香り。

一人で一枚食べきれるかな?!なんて懸念は無用の長物でした。あっという間にお腹に収まってしまいました。ふんわり軽くてあっさり系統の食パン最高です。

バタートースト レシピ 1枚分

材料:
・厚切り食パン 1枚
・バター 適量(目やすとして一枚で約10g)

作り方:
1.食パンに軽く切りこみを入れ、トーストする。
2.トーストにバターを塗る。お好みで再度加熱し、バターを溶かす。

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。