厚焼き抹茶ホットケーキ



粉末抹茶を生地に練りこんだ厚焼きのホットケーキです。

100円ショップのセリアで購入した厚焼きホットケーキの型を使って憧れの分厚さを実現できて嬉しい(^^)

ホットケーキは市販のミックス粉を使用したのですが、袋に記載されてある通りの分量と配合で、そこへ少量の抹茶パウダーを加えて焼いてみました。

極弱火でじっくり時間をかけて火を通します。焼き上がりの厚さは約3㎝。

ごまのチュイール、栗の甘露煮、ゆであずき、生クリームを飾って、和風喫茶店の雰囲気を演出してみました。

加えた抹茶パウダーの量はそんなに多くはないので、ほんのり程度でしたが、それでも抹茶の香りがしました。

ナイフで切り分けてみて、再度その分厚さに感激しつつ、生クリームやゆであずきをたっぷりつけたものをフォークで口へ運びます。

焼きたてのホットケーキ生地の食感はほわほわで、ふわんと抹茶やバニラの香りがして、柔らかい餡子のようなゆであずき、それらを優しく包み込むクリームが一体化。

カリカリに焼き上げたごまのチュイールをかじるとサクサクっとした食感のあと、飴色に焦げたバターや炒りごまの香ばしさがひろがりました。

緑茶を口に含むと、すーっと溶けていきました。

[PR]

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。