優しく丁寧な味わいのたまごパンクッキー【レシピ】


心を込めて丁寧に焼き上げたお菓子ができたなら、是非とも誰かと分けあいたい

やさしく丁寧な味わいのたまごパンクッキー

焼きたてのたまごパンを取り皿に分けて盛り付けするだけで、誰か大切な人と一緒に過ごすひとときを演出できるような気がします。

やさしく丁寧な味わいのたまごパンクッキー

家族、恋人、友人など、誰かと鑑賞する梅の花もまた特別な美しさを放つように思います。

お花見を楽しんだ後の休憩に、ゆっくりお茶を飲みながら、おやつにたまごパン。楽しかったね。また来年も一緒にみようね。そんな会話をしながら。想像するだけでもとても穏やかな気分になります。

やさしく丁寧な味わいのたまごパンクッキー

今回は型抜きした生地をオーブンに入れてから、最初から最後まで同じ温度で焼きっぱなしにしたりしないで、途中で温度を下げるという工夫をこらしてみました。

結果は、やさしく丁寧に焼き上げた味わい。軽い口当たりで甘さ控えめ。卵がたっぷりはいっているから、コクは濃いめ。そんなクッキータイプのたまごパンになりました。

同じ温度の170℃で焼き続けるより、表面の焼きが軽くなったのが原因なのではないかと思います。

一晩おくと少ししっとりします。

【たまごパン レシピ】
3.2×3.7cm楕円(オーバル)型 生地を厚さ1cmに伸ばして焼いて17枚+余り1個分
焼き上がり1枚につき約9g

【材料】
♦たまごパン生地
粉類:
・薄力粉 100g
・ベーキングパウダー 4g

卵液:
・卵(卵黄1個分+卵白で調整)40g
・上白糖 35g
・はちみつ 5g
・ラード 15g
・重曹 0.5g
・水(重曹用)0.5g

【下準備】
・粉類はふるっておく。
・重曹を水で溶いておく。
・天板にオーブンシートを敷いておく。
・湯煎の準備をしておく。

【作り方】
1.卵液を作る。ボウルに卵を溶き入れ、上白糖とを加えたらすぐに泡立て器で混ぜ合わせる。はちみつとラードも加え、湯煎(温度40~50℃ほど)にかけて砂糖、はちみつ、ラードを完全に溶かす。
2.卵液を湯煎から外し水で溶いた重曹を加えて混ぜ合わせ、1、2分置いて冷ます。
3.粉類に卵液を加えて、ゴムべらなどでさっくりと混ぜてひとまとめにする。
4.ラップで包んでアルミバットの上におき、冷蔵庫で約15分寝かせる。
5.ラップの包みを解いて、折りたたむようにしながら生地を表面がなめらかになるまで軽くもむ。
6.生地に薄く打ち粉をして厚さ1cmに伸ばして型で抜き、天板に並べる。残った生地は丸める。
7.180℃に予熱したオーブンに入れ、170℃に温度を下げて約5分焼き、150℃に落として15分焼く。途中残り時間が9分頃になったら天板の向きを変えて焼きムラを防ぐ。
8.網の上に移して冷ます。

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。