ハート型チョコレートガナッシュサンドクッキー

Pocket
LINEで送る



ハート型に抜いて焼き上げたバター風味のクッキーに口どけが滑らかで濃厚なミルクチョコレートガナッシュを絞ってサンドしました。

ハート型のクッキー抜き型の大きさは直径5.5㎝サイズのもの。

150gのクッキー生地を厚さが3㎜~4㎜になるように伸ばして型で切り抜くと、12枚分取れて、焼き上がりの厚さは約5㎜ほどになりました。

このちょっと厚めのクッキーにミルクチョコレートガナッシュを絞り、更に上からクッキーを重ねてサンドすると、全体的には結構分厚くてボリュームのある仕上がりになりました。

ころんと厚めにサンドされたクッキーの上一枚の端っこをちょっとかじって食べ始めてみたり、または一枚まるごとはがしてから食べ始めてみたり、その後チョコレートガナッシュがのったサイドを食べるやり方がいい、そうしたいって時もあるけれど。

サンドした状態で一気に食べるには、特にチョコレートガナッシュが冷えてしっかり固まってくると噛み砕きにくいかもしれない。

たった1㎜の厚さ薄さの違いだとしても、食べやすい、かみ砕きやすい食感に影響がでてくるのものなのだなあ。

柔らかいスポンジケーキやしっとりソフトクッキーなどなら分厚くても大丈夫、でもサクサク食感のこんがり焼き上げたクッキーやビスケットをサンドする場合には、完成したときの全体の食感も計算に入れなければならないわけなんですね。

自分用ではなく、プレゼントする予定があるなら、特に。

一つ勉強になりました。

チョコレートはミルクチョコレートを使用したので、カカオの香りを楽しむ、というよりは、ミルキーな味わいでした。

[PR]

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。