しっとりソフト&ねっちりアメリカンクッキー・アップルティー味【レシピ】


秋も深まってきて、朝夕になると肌寒くなりました。桜の葉は赤く染まって散りだしたけれど、イチョウの葉はまだ固く緑の衣を纏ったまま。

しっとりソフト&ねっちりアメリカンクッキー・アップルティー味【レシピ】

朝起きて、ちょっと口に入れたい甘いもの。淹れたての紅茶。

今日の楽しみはもう決まっているんです。

なんたって、冷蔵庫の中には、粉末状のインスタントアップルティーを加えてつくった、しっとりしていてソフト&ねっちりな食感のアメリカンクッキーがあるのですからね。

クッキーは前日に焼いておいたものです。

冷えた棚からクッキーが入ったタッパーを手に取ったとき、プレゼント箱を開ける前のような気持ちになりました。さて、どんな食感になっているだろう。

しっとりソフト&ねっちりアメリカンクッキー・アップルティー味【レシピ】

ぱかっとあけると、以前よりちょっと引き締まったような気がする、薄茶色のクッキーがありました。

直径10cmもある大きなクッキーをお皿の上に移します。うんうん。表面の割れ目模様が好き。

こぽこぽとお茶も入れて、準備は万端。

しっとりソフト&ねっちりアメリカンクッキー・アップルティー味【レシピ】

それではいただきます!と大口をあけて頬ばります。

うーん、ねっちり!

しっかり冷やされたアップルティー風味のアメリカンクッキーは噛み応えが増していて、素敵にスーパーチューイーなアメリカンクッキーになっていました。アップルティーの香りが冴え渡って、次第にほころぶ乙女のような華やかさ。

一枚が大きいから、大きく頬ばってみたり、ちぎって小さく食べてみたりしました。熱い紅茶を口に含むと、クッキーは即座にほどけてお茶の中へと溶けてゆます。

寒くて冷たくてかじかんだ手足がほぐれてゆくのを感じました。眠気まなこも段々と覚めてゆきます。

しっとりソフト&ねっちりアメリカンクッキー・アップルティー味【レシピ】

そうだ、今度つくるときはキャラメルを中に入れてみたらいいんじゃないかしら。キャラメルアップルティークッキー。

きっと寒い季節に重宝すると思います。

【スーパーチューイー(超ねっちり)しっとりソフト&ねっちりアメリカンアップルティークッキー レシピ】
直径約10cm 一枚につき約65g 厚さ1cm 4枚分

【材料】
・製菓用マーガリン 40g
・無塩バター 10g

・上白糖 65g
・メイトー粉末状インスタントアップルティー 2杯分(約280ml相当分)約27g
・はちみつ 5g
・塩 1g
・重曹 1g

・卵黄 20g(M玉約1個分)

粉類:
・強力粉 95g
・ベーキングパウダー 4g
・森永クリープ(またはコーヒーに入れるクリーミングパウダー)10g

【下準備】
・粉類(強力粉とベーキングパウダー、森永クリープ)は合わせてふるっておく。
・油脂(製菓用マーガリン、無塩バター)は常温にしておく。
・天板にオーブンシートを敷いておく。

【作り方】
1.ボウルに製菓用マーガリンと無塩バターを合わせてクリーム状に練り、上白糖、粉末状インスタントアップルティー、はちみつ、塩、重曹も加えてよく混ぜ合わせる。
2.卵黄を加えて混ぜ合わせる。分離してしまったら、油脂を軽く温めると混ざりやすくなる。3.ふるっておいた粉類を2.のボウルにくわえてさっくりと混ぜ合わせる。ベーキングパウダーが反応して効力が薄れてしまうため、生地を練らないように注意する。粉気がみえなくなったらすぐに混ぜるのをやめる。
4.ボウルにラップをして冷蔵庫に入れ、15分休ませる。
5.オーブンの予熱を180℃設定で開始。冷蔵庫からクッキー生地を取りだし、4等分にする。手で丸めて直径7cmのハンバーグのような形に整えたら天板に並べ、180℃のオーブンで8分、170℃に落として7分焼く。焼きムラを防ぐため、残り時間7分で向きを変える。
6.焼けたらオーブンから取りだし、オーブンペーパーごと網の上に移して冷ます。

[PR]

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。