【レシピ】温めて食べるのがおすすめ!しっとりソフトアメリカンクッキー・キャラメル



キャラメルの香りの道が奥へと開け、

鼻腔を通じて大気に抜けていく。

キャラメル粒を加えて焼き上げた、たっぷりと甘く大判のアメリカンクッキーの話である。

【レシピ】温めて食べるのがおすすめ!しっとりソフトアメリカンクッキー・キャラメル

ところがこれは、そのままでは決して食べやすいクッキーではない。

クッキー生地は口に入れると直ぐに花開き、

溶けて消えて行くのに対し、

キャラメルはしっかりと固く閉じていて、

柔らかくするのに時間がかかる。

キャラメルを噛むのに時間がかかるから、

普段より時間をかけてゆっくりとクッキーの味を堪能できるのは嬉しいが、

歯に負担がかかってしまうから、

銀歯の人は要注意かもしれない。

【レシピ】温めて食べるのがおすすめ!しっとりソフトアメリカンクッキー・キャラメル

例えていうなら、

このキャラメル入りアメリカンクッキーは、

とろける素肌で、

甘くかぐわしいけれど、

いかんせん頑固で扱いにくく、

まったく一筋縄ではいかないお姫さまだ。

おとぎ話の世界なら、そんな彼女の取り扱い方に長けた人物がそばにいたりする。

乳母だったり、従者だったり、はたまた幼なじみの許嫁だったり。

しかも、そういう人物たちは、姫の、多くの人にとって欠点ともうけとれるような、強烈な個性に魅力を感じていたりする。

そして、このキャラメルクッキーにも。

【レシピ】温めて食べるのがおすすめ!しっとりソフトアメリカンクッキー・キャラメル

なるほど確かに食べる人を選ぶかも知れない。

でも、この、歯にねちっこくくっつきながら、ぐわしぐわしと咀嚼を要求するキャラメルが何とも魅惑的なのだ。

しかし、それも、姫の扱い方の極意を発動させるまで、

あるいはトースターで軽く焙ってキャラメルを柔らかくするまでの話。

【レシピ】温めて食べるのがおすすめ!しっとりソフトアメリカンクッキー・キャラメル
ひとたび囓ると、

オーブントースターで1~2分軽く焙ると、クッキーは焼き戻って柔らかくなる。

取り出すときにはクッキーが非常に柔らかいので、箸、フォーク、フライ返しなどを使ってゆっくりとお皿に移すといい。

その柔らかいクッキーを、フォークで切り分けながら堪能する。

最初はあつあつ言いながら食べる。

温かく溶けて柔らかくなったキャラメルがとろけて食べやすく、絶妙。

固くこわばった姫の表情がほころび、笑顔を見せてくれた瞬間というかなんというか。

クッキー生地も最初の一口は温かいが、どんどん水分が蒸発して表面がサクサクになっていく。

それにしても私はこれまで、わざわざ冷やしてねっちりした食感のクッキーばかりを楽しんできた。今やっと、この温かいクッキーのおいしさを知った気がする。

【冷めてねっちり強め・しっとりソフトアメリカンクッキー キャラメル レシピ】
直径約10.5cm 一枚につき約75g 厚さ1cm 4枚分

【材料】
・製菓用マーガリン 40g
・無塩バター 10g

・上白糖 65g
・グラニュー糖 10g
・はちみつ 5g
・塩 1g
・重曹 1g
・レモン汁 5g
・バターフレーバー 1g
・ブランデーエッセンス 1g
・キャラメルフレーバー 1g

・卵黄 20g(M玉約1個分)

粉類:
・強力粉 95g
・ベーキングパウダー 4g
・森永クリープ(またはコーヒーに入れるクリーミングパウダー)20g

キャラメル:
・森永ミルクキャラメル 10粒(約48g)

【下準備】
・森永ミルクキャラメルは一粒を四分割しておく。
・粉類(強力粉、ベーキングパウダー、森永クリープ)は合わせてふるっておく。
・油脂(製菓用マーガリン、無塩バター)は常温にしておく。あるいは電子レンジ150wで1分加熱すると早い。バターが溶けないように注意。
・天板にオーブンシートを敷いておく。

【作り方】
1.ボウルに製菓用マーガリンと無塩バターを合わせてクリーム状に練り、グラニュー糖、上白糖、はちみつ、塩、重曹、レモン汁、香料(バターフレーバー、ブランデーエッセンス、キャラメルフレーバー)も加えてよく混ぜ合わせる。
2.卵黄を加えてよく混ぜ合わせる。
3.ふるっておいた粉類を2.のボウルにくわえてさっくりと混ぜ合わせる。キャラメルも加え、ざっと混ぜ合わせる。ベーキングパウダーが反応して効力が薄れてしまうため、生地を練らないように注意する。粉気がみえなくなったらすぐに混ぜるのをやめる。まだひとまとめにしない。
4.ボウルにラップをして冷蔵庫に入れ、15分休ませる。
5.オーブンの予熱を180℃設定で開始。冷蔵庫からクッキー生地を取りだしてひとまとめにし、一度全体の重さを確認してから4等分にする。手で丸めて直径7cmのハンバーグやおはじきのような平たい丸形に整えたら天板に間隔をあけて並べ、180℃のオーブンで5分、170℃に落として10分焼く。焼きムラを防ぐため、残り時間8分で向きを変える。
6.焼けたらオーブンから取りだし、オーブンペーパーごと網の上に移して冷ます。オーブンから取り出した直後は非常に柔らかいので、オーブンペーパーをスライドさせるようにして網の上に移すと上手くいく。

メモ:
・クッキーの生地を四等分した際、一つにつき焼成前が約79g、焼成後は75gになりました。
・4~5日ほど冷蔵保存できます。それ以内に食べきれない、あるいは少しでも劣化を防ぎたい場合は、ラップに包み、さらに袋かタッパーなどの密封容器に入れて冷凍保存します。

[PR]

タイトルとURLをコピーしました