【レシピ】強力粉50%ふんわり系スコーンビスケット


ふんわりとしたパン寄りの生地で、軽い口当たり。

力を入れなくてもふわっと二つに割れる。

材料の小麦粉のうち、50%を強力粉で作ったスコーンビスケット。

【レシピ】強力粉50%ふんわり系スコーンビスケット

かすかに塩気があって、簡素ながらペラペラとしたパイのような層を形成しているのが特徴。

腹割れしているのも、視覚からのおいしさを刺激するポイント。

残りの50%の小麦粉はホットケーキミックスを使用しているから、ほんのりバニラの香りがする。

【レシピ】強力粉50%ふんわり系スコーンビスケット

一つの重さが約48g。高さが4.5cm(一番高く膨らんだ部分)。

メープルシロップもいいけれど、今日はなんだかはちみつをかけて堪能したい気分。

はちみつをたらりと垂らすと太陽の光を反射してきらきらと黄金色に輝く。

その透きとおった蜜がたっぷりとかかったところを口の中に放り込む。

口の中でスコーンビスケットとはちみつが混ざり合い、甘くてふかふかな小麦粉の世界を展開されていく。

【レシピ】強力粉50%ふんわり系スコーンビスケット

翌日の朝食もこのスコーンビスケットにした。

一日おくことで全体に水分がまわってしっとりしていた。

【レシピ】強力粉50%ふんわり系スコーンビスケット

そのまま二つに割って囓ると、ふんわり軽い食感が口いっぱいに広がる。

冷えた状態だとモクモクッといった感じがする。

さらにトーストしてホットビスケットにすると

表面はサクサクっとしていて、中はふ~んわり。

【レシピ】強力粉50%ふんわり系スコーンビスケット

ホットケーキミックスが入っているのは配合小麦粉の半量だけれど、充分に甘くバニラが香っている。

温めると生地が層ごとに剥がれやすくなってペラペラ感も増す感じ。

ひとまず淹れたての紅茶をすする。

すると、どこか自分の気持ちがほぐれていく。

【レシピ】強力粉50%ふんわり系スコーンビスケット


↓↓リンク先の記事にあるスコーンビスケットと同じ配合ですが、こちらは5cmの丸型で抜いて焼き上げたものです。↓↓
【レシピ】強力粉50%ふんわりプレーンスコーンビスケットとメープルシロップ


【強力粉50%ふんわり系スコーンビスケット レシピ】
抜き型サイズ丸型直径6cm使用 約48g 焼き上がり高さ4.5cm 8個分+余り1個分


【材料】
粉類:
・ホットケーキミックス 125g
・強力粉 125g
・ベーキングパウダー 5g

油脂:
・バター 62g
(マーガリン可。今回はバター12gとマーガリン50gの混合を使用しました。)

卵液:
・卵 M~L玉 1個
・牛乳(卵と合わせて)150g
・塩 2.5g
・レモン汁 2g

艶出し用卵液:(または牛乳のみでも)
・全卵 小さじ1
・塩 ひとつまみ
・牛乳 小さじ1


【下準備】
・粉類は合わせてふるっておく。
・天板にオーブンペーパーを敷いておく。
・打ち粉(分量外の強力粉大さじ3程度)を用意しておく。


【作り方】
1.ボウルにふるった粉類を入れ、バターを加えて、バターが米粒~小豆粒大に細かくなるまでカードで刻む。
2.別のボウルに卵液の材料を入れてよくかき混ぜる。出来た卵液を1.のボウルに流し入れ、混ぜ合わせる。まだ粉気が軽く残っている位で混ぜるのをやめる。
3.打ち粉を敷いた台の上にスコーン生地を取りだし、打ち粉(大さじ2程度)をつけながら軽く捏ねる。優しくぽふぽふっと折りたたむように、10回ほど。さらに生地を手で押して伸ばし、三つ折りにする。これを3~4回繰り返して行い、最後は生地の形を整えてラップで包み、ステンレス製のトレイに移し冷蔵庫で約15分休ませる。
4.オーブンの予熱を開始する。
5.生地を麺棒を使って厚さ1.5cm伸ばし、打ち粉(大さじ1程度)を付けながら丸直径6cmの抜き型で抜き、天板に並べる。抜いた生地の残りは寄せ集めて麺棒で伸ばし、三つ折りにすることを数回繰り返して表面と厚さを整え、再度型で抜く。これを繰り返す。最後の残り生地は丸める。
6.つや出し用液をスコーンの表面に塗って予熱温度210℃のオーブンに入れ、約11分~12分ほど焼く。焼きムラを防ぐため、途中で天板の向きを変える。(残り5分くらいで変える)
7.焼き上がったら網の上に移して冷ます。


【その他のスコーンレシピ】

タイトルとURLをコピーしました