【レシピ】ねっちり強めしっとりやわらかアメリカンクッキーレモンクリームチーズ味


まったくの自然体でつくりあげ、結果、予想以上に良いものが出来上がったりすると、新鮮な驚きと喜びがある。

【レシピ】ねっちり強めしっとりやわらかアメリカンクッキーレモンクリームチーズ味-

今日はレモンピールを加えたアメリカンクッキー生地で、kiriのクリームチーズを包んで焼き上げてみたのだ。

オーブンから飛び出てきた香りはまさにレモンチーズケーキそのもの。

クッキーを網の上に移して冷ましてから、焼き立てのクッキーをかじる。クッキーの縁の部分はサクサク。それからアメリカンコーヒーを口に含む。そうするとクッキーがスーッと溶けて、レモンの香りがふわっと立ち、甘く爽やかなクリームチーズが溶けてやわらかく舌の上を這っていく。

うんうん!大成功みたい!

【レシピ】ねっちり強めしっとりやわらかアメリカンクッキーレモンクリームチーズ味-

上機嫌で残りのクッキーをタッパーに入れ、冷蔵庫に入れた。冷やされたクッキーは、引き締まったさらにおいしくなるはずだ。

ところが翌日、なんとクリームチーズ辺りのクッキー生地はチーズの水分を吸ってどろどろに変化しているではないですか。

無造作にクッキーを持ち上げようとすると、クリームチーズの重みに耐えきれずぼろっと崩れた。

視線を落とすと、タッパーの中には操り人形の手足がもげて地面に落下したかのような残骸があり、クッキーをつかんだはずの手は水分を含んだねちょねちょの生地でべとついている。
うっ。なんてことなの!思わず顔をしかめてしまった。

えーっ。そんなあ。成功だと喜んでいたのに。あの時間を返して欲しい。

こういうときは、とにかく冷静になることが先決ですよね。とりあえずそのねちょねちょの生地が絡みついたクリームチーズを食べてみる。

あれ、美味しい。レモンチーズケーキの味がする。

ふーむ、なるほどね。このクリームチーズ入りのクッキーを美味しくいただくためには、

1.焼き立てを食べる。
2.保存したいなら直ぐに冷凍する。
3.そういうものだと思って食べる。

しかない。

【レシピ】ねっちり強めしっとりやわらかアメリカンクッキーレモンクリームチーズ味-

しかないのかー。うーん。なんとかならないものか。

が、いいこと思いついた!フォークを使ってデザート風に食べる、だ!ナイフを使って切り分けてもいい。お皿に移されて小さく切り分けられたどろどろ生地つきのクリームチーズを口に運ぶ。

なんという価値観の大変換なのだろう!私の顔が一気に明るくなった。

お気に入りのデザートフォークと貴婦人のケーキのような小さな塊は、私を優雅な時間へと誘ってくれた。

冷静になってみれば、こういうデザート、世の中にあるではないですか。

例えばチーズケーキのクッキー土台部分やチーズタルトのタルトとチーズフィリングとの境目、あるいはレモンポピーシードパウンドケーキの中央に入ったチーズクリームの周り。そのあたりは生地が焼き切れずほんのりと生っぽい。いずれも人気のあるデザートばかり。

だからこのふにゃふにゃ生地の絡んだクリームチーズだって、手法を変えるだけで、立派なデザートになるのである。味は堂々たるチーズケーキなのだから。

【レシピ】ねっちり強めしっとりやわらかアメリカンクッキーレモンクリームチーズ味-

クッキーとは、手から直に食べるもの。それが美味しい。という素朴ながら絶対的な固定観念で食べるから、それに相応しくないものは受け付けなかっただけのことだったのだ。

小さくても問題が一つ解決した後の心には、雲一つない晴れやかな青空が似合う。そして手元には、爽快な味がするレモンクリームチーズクッキーがあるのだった。

【ねっちり強め しっとりやわらか&ねっちりアメリカンクッキー・レモンクリームチーズ味 レシピ】
直径約9.7cm 一枚につき約85g 厚さ1~1.2cm 4枚分

【材料】
油脂:
・製菓用マーガリン 40g
・無塩バター 10g

糖類他:
・上白糖 65g
・グラニュー糖 10g
・はちみつ 5g
・塩 1g
・重曹 1g
・レモン汁 5g
・レモンオイル 0.5g

卵:
・卵黄 20g(M玉約1個分)

・レモンピール(3㎜角カット) 25g

粉類:
・強力粉 95g
・森永クリープ(またはコーヒーに入れるクリーミングパウダー)10g
・ベーキングパウダー 4g

フィリングクリームチーズ:
・kiriクリームチーズ 4個(約18g×4個)

【下準備】
・粉類(強力粉とベーキングパウダー、森永クリープ)は合わせてふるっておく。
・油脂(製菓用マーガリン、無塩バター)は常温にしておく。
・天板にオーブンシートを敷いておく。
・レモンピールは3㎜角にカットしておく。

【作り方】
1.ボウルに製菓用マーガリンと無塩バターを合わせてクリーム状に練り、上白糖、グラニュー糖、はちみつ、塩、重曹、レモン汁、レモンオイルも加えてよく混ぜ合わせる。
2.卵黄を加えて混ぜ合わせる。分離してしまったら、油脂を軽く温めると混ざりやすくなる。さらにレモンピールを加えて混ぜる。
3.ふるっておいた粉類を2.のボウルにくわえてさっくりと混ぜ合わせる。ベーキングパウダーが反応して効力が薄れてしまうため、生地を練らないように注意する。粉気がみえなくなったらすぐに混ぜるのをやめる。
4.ボウルにラップをして冷蔵庫に入れ、15分休ませる。
5.オーブンの予熱を180℃設定で開始。冷蔵庫からクッキー生地を取りだし、4等分にする。6.クッキー生地を手のひらで軽くのばし、kiriクリームチーズを包んで手で丸め、直径7cmのハンバーグのような形に整えたら天板に並べ、180℃のオーブンで7分、170℃に落として8分焼く。焼きムラを防ぐため、残り時間8分程度で向きを変える。
7.焼けたらオーブンから取りだし、オーブンペーパーごと網の上に移して冷ます。

[PR]

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。