【レシピ】ねっちり強め しっとりやわらかアメリカンクッキー・和風抹茶ホワイトチョコレート


冬の厳かな静けさもまたいい。空気が冷たく澄んでいて、深呼吸をするだけで新鮮な気分になる。

【レシピ】ねっちり強めしっとりやわらかアメリカンクッキー和風抹茶ホワイトチョコレート

お茶を淹れて、おおきなクッキーを一枚、皿の上に移す。

本日のクッキーは、ねっちり強めで、しっとりやわらか食感のアメリカンクッキー生地に抹茶を加えて風味をつけ、ごろっとしたホワイトチョコレートチャンクを加えて焼き上げたもの。

焼き立てもいいけれど、私は冷蔵庫で冷やしたもの好き。冷やすと噛み応えが増すのだ。

【レシピ】ねっちり強めしっとりやわらかアメリカンクッキー和風抹茶ホワイトチョコレート

ねっちりとした食感のクッキーを噛みしめると、抹茶の風味が口いっぱいに広がる。甘く、ほろ苦い。その香りが鼻腔を通って抜け出る、その時。

あっ。ホワイトチョコレートに当たった。噛み砕く。すると舌の上に天の川のような優しい乳の流れが出現し、抹茶のほろ苦さの間を、はじめは沿うように、やがて包むように進み動いてゆく。

【レシピ】ねっちり強めしっとりやわらかアメリカンクッキー和風抹茶ホワイトチョコレート

抹茶の香りを纏ったクッキー生地と、ふくよかで優しい味わいのホワイトチョコレートの調和した、心地よい旋律を楽しんだところで、お茶を口に含む。

【レシピ】ねっちり強めしっとりやわらかアメリカンクッキー和風抹茶ホワイトチョコレート

ここで誰かと会話したり、本と読んだり、外の天気を眺めたりする。

すると、何故かまた、抹茶とホワイトチョコレートの、同じ曲を奏でるクッキーを味わいたくなるのです。

【ねっちり強め しっとりやわらかアメリカンクッキー・和風抹茶ホワイトチョコレート レシピ】
直径約9.7cm 一枚につき約74g 厚さ1~1.2cm 4枚分

【材料】
油脂:
・製菓用マーガリン 40g
・無塩バター 10g

糖類他:
・上白糖 65g
・グラニュー糖 10g
・はちみつ 5g
・塩 1g
・重曹 1g
・レモン汁 5g

卵:
・卵黄 20g(M玉約1個分)

ホワイトチョコレートチャンク:
・森永DARS白いダース(ホワイトチョコレート)1箱(約42g)

粉類:
・強力粉 90g
・製菓食品加工用抹茶粉末 7g
・森永クリープ(またはコーヒーに入れるクリーミングパウダー)10g
・ベーキングパウダー 4g

【下準備】
・粉類(強力粉、抹茶粉末、ベーキングパウダーと森永クリープ)は合わせてふるっておく
・油脂(製菓用マーガリン、無塩バター)は常温にしておく。
・天板にオーブンシートを敷いておく。
・ホワイトチョコレートは半分あるいは約1cm角にカットしておく。

【作り方】
1.ボウルに製菓用マーガリンと無塩バターを合わせてクリーム状に練り、上白糖、グラニュー糖、はちみつ、塩、重曹、レモン汁も加えてよく混ぜ合わせる。
2.卵黄を加えて混ぜ合わせる。
3.ふるっておいた粉類を2.のボウルにくわえてさっくりと混ぜ合わせる。さらにホワイトチョコレートチャンクを加えてざっと混ぜる。ベーキングパウダーが反応して効力が薄れてしまうため、生地を練らないように注意する。粉気がみえなくなったらすぐに混ぜるのをやめる。
4.ボウルにラップをして冷蔵庫に入れ、15分休ませる。
5.オーブンの予熱を180℃設定で開始。冷蔵庫からクッキー生地を取りだし、4等分にする。6.クッキー生地を手のひらで軽くのばし、直径7cmのハンバーグのような平たい丸形に整えたら天板に間隔をあけて並べ、180℃のオーブンで5分、170℃に落として10分焼く。焼きムラを防ぐため、残り時間8分程度で向きを変える。
7.焼けたらオーブンから取りだし、オーブンペーパーごと網の上に移して冷ます。

メモ:
・抹茶生地やホワイトチョコレートに焼き色を入れすぎないために、オーブンの焼成温度は立ち上がりだけ180℃で、殆どは170℃に落として焼いています。
・抹茶は予算が許す限り品質の良いものを使います。製菓・食品加工用が使い勝手がいいと思います。今回は ほんぢ園食品加工用抹茶 1号 を使用しました。
・クッキー生地を四等分する際、今回は一つにつき焼成前約78g、焼成後約74gになりました。

[PR]

タイトルとURLをコピーしました