青森県流甘いお赤飯おにぎり(甘納豆入り)

青森県流、甘納豆入りの甘いお赤飯をおにぎりにしました。

お砂糖もたっぷり加えてあるからしっかり甘い!

赤飯の米には、うるち米(普段食べている白米)75%、もち米 25%の割合で炊き上げました。

おはぎや牡丹餅等よりややあっさりしている和菓子を食べているような感覚です。

もち米100%使用に比べるともちもち感は減りますが、軽くあっさりした口当たりで食べやすく、うるち米はもち米よりも胃の中で消化しやすいので、しっかり食べても胃もたれしにくいのも特徴です。

茹でたささげ豆と、砂糖を加えて冷ました煮汁を加えて炊飯器で炊き上げた後、更に小豆の甘納豆を投入したので豆がぎっしり。

小豆の香りがふわんとします。

寒い日に食べるのはまた格別の味わいがします。

冷えたら電子レンジで温め直します。ほかほかしてふっくら柔らかなお赤飯を堪能しました。

[PR]

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。