抹茶レモンスコーン【レシピ】


ほろ苦い抹茶風味のスコーン生地に甘酸っぱいレモンピールを入れ、さらにはちみつも加えてしっとりと焼き上げ、仕上げにレモンチョコをかけました。

抹茶レモンスコーン【レシピ】

爽やかな初夏の風を感じる味です。

抹茶レモンスコーン【レシピ】

とはいえ「しっとり」といっても、「ものすごくしっとり」というわけではなく、スコーンの粉気を存分に主張しつつも、ふわあっと膨らんだ生地内の気泡が水分を逃がさずおだやかに留め置いた印象です。

抹茶レモンスコーン【レシピ】

割った中身はこんな風になっています。

たっぷりとした大きさのアメリカンスコーン。

抹茶のほろ苦さとレモンの清涼感が合わさっていて、夏の日の朝や休憩時間に相性のよさそうです。短い時間の中でも癒しと活動のエネルギーを与えてくれそうです。

【その他のスコーンレシピもよかったらチェックしてみてください】

それでは抹茶レモンスコーンのレシピをご紹介します!

【抹茶レモンスコーン レシピ】
・薄力粉で作るアメリカンスコーンタイプ
・薄力粉はスーパーのプライベートブランドの一番安いものを使用しています。少々、中力粉に近く、スコーンを作るのに愛用しています。大手メーカーのもので作った場合は、説明文よりもより軽くソフトな仕上がりになります。
・約8×8×11cmの二等辺三角形の大きさ 4個分
・一つにつき、約70g

【材料】
粉類:
・薄力粉 119g
・抹茶粉末 6g
・ベーキングパウダー 5g

油脂:
・無塩バター(製菓用マーガリン可)32g

卵液:
・卵 1個
・牛乳(生クリーム47%だとなお良し。卵と合わせて)65g
・はちみつ 6g
・グラニュー糖 10g
・塩 1g
・レモン汁 5g
・レモンオイル 0.5g

具材:
・レモンピール(3mm角にカット)30g

つや出し用液:
・牛乳 小さじ1

デコレーション:
・レモンチョコレート 20g
・レモンピール(千切りにする)8g
・はちみつ(レモンピールを絡める用)1~2g

【下準備】
・薄力粉、抹茶粉末とベーキングパウダーは合わせてふるっておく。
・生地用レモンピールは3㎜角にカットする。
・デコレーション用レモンピールは千切りにしておく。
・天板にオーブンペーパーを敷いておく。
・打ち粉(分量外の薄力粉大さじ1・1/2程度)を用意しておく。
・コルネを用意しておく。オーブンペーパーを20×20×30cmの二等辺三角形の形に切り、両辺を上へ持ち上げるような形で丸めて三角コーンを作り、先端が尖ったら、口の大きい方を折り曲げて留める。

【作り方】
1.ボウルにふるった粉類を入れ、バターを加えて、バターが米粒大に細かくなるまでドレッジで刻む。大体出来てきたら指でバターを潰してもよい。バターの塊が残っている程度でやめる。(小麦粉の塊はほぐす)
2.別のボウルに卵液の材料を入れてよくかき混ぜ、1.のボウルに流し入れ、軽く混ぜた後、レモンピールも加えて混ぜ合わせる。まだ粉気が軽く残っている位で混ぜるのをやめる。
3.ボウルにラップをして生地を冷蔵庫で約15分休ませる。
4.オーブンの予熱を開始する。打ち粉を敷いた台の上にスコーン生地を取りだし、打ち粉をつけながら軽く捏ねる。優しくぽふぽふ折りたたむようにして、20回ほど。
5.生地を厚さ2cm、8×16cmの大きさに伸ばして、4個の三角形になるように包丁で切り、オーブンペーパーを敷いた天板に並べる。4分割するには、まず半分に切り、その後斜めに切り分ける。
6.牛乳を指でスコーン生地の上に塗って予熱温度220℃のオーブンに入れ、220℃で約7分、200℃に落として約5~6分焼く。焼き時間は合計12~13分。焼きムラを防ぐために残り時間約5~6分ほどで天板の向きを変える。
7.網の上にオーブンペーパーごと移して冷ます。
8.レモンチョコレートは45~50℃の湯煎にかけて溶かし、コルネに入れてスコーンの上に絞り出す。上にはちみつをからめたレモンピールの千切りを飾る。

【その他のスコーンレシピ】

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。