伊藤園 フレーバー緑茶 「ラ・ヴィ・アンテ」 りんご緑茶飲んでみた

伊藤園さんの フレーバー緑茶 「ラ・ヴィ・アンテ」 りんご緑茶を試してみました。

パッケージのデザインは高級感がある色合いで和柄模様もかわいい。

裏面には「信州産リンゴを使用し、甘く爽やかな香りが緑茶を引き立てます。」と記載されています。
なるほど、原材料名にも茶(鹿児島県)、乾燥りんご(長野県)とあります。国産の茶葉と林檎ですね。

パッケージを空けた瞬間からふわっと林檎の香りが漂ってきました。甘くすっきりとした香り。
乾燥角切り状態のりんごの実が茶葉に混じって入ってる(^^)

裏面に書かれてある「おいしい飲み方」の手順に従い、一度沸騰させたお湯を温度計を使って約80℃まで冷めたのを確認。

カップにティーバッグを入れ、先ほどの約80℃ほどのお湯を注いで40秒ほど待ち、5~6回ほど振ってから取りだします。

うん!本当にすっきりと甘く爽やかな香りで飲みやすい(^^)
りんごの香りも緑茶の風味の邪魔にならないほどの優しいもので、緑茶自体の香りもしっかりと感じることができました。

写真後方に写っているのは白かりんとうです。家にあったのを思い出し、一緒にいただきました。
甘く爽やかで上品な気分になれたお茶の時間でした。

[PR]

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。