ラピュタパン マヨネーズベーコンエッグトーストver. 【レシピ】


ラピュタパン作ってみました。マヨネーズベーコンエッグトーストver.です。

このラピュタパン、映画を見たら作ってみたくなる再現料理の代表格の一つじゃないでしょうか。検索をかけてみたらかなりの数がヒットして、私も作ってみたくなりました。

劇中に登場するのはシンプルなトーストと目玉焼きのみだっと思うのですが、なんと!さらに美味しい進化系がすでに広く親しまれているのですね。そういえば、マヨネーズベーコンエッグトースト、パン屋さんで見かけたことあるなあ。

完全再現版はまた別の機会にするとして、まずは進化系豪華版から作ってみることにしました。

食パンは手ごねで、12㎝正方形一斤を焼き上げて使用しました。厚さは5枚切りサイズ、2.5㎝でトライ。

ラピュタパン レシピ トースト1枚分

材料:

食パン 5枚切り(2.5㎝) 1枚
マヨネーズ (今回はキューピーハーフマヨネーズを使用)
ブロックベーコンをスライスしたもの 2枚
マジックソルト 適宜

作り方:
1. マヨネーズを食パンの四方に絞り出して堤防を作り、その中に生卵を割り入れる。
2. ブロックベーコンをスライスして2枚、更にそれらを半分割にして4枚にしたものを卵の上に散らし、付属の専用トレイにのせてトースターで卵に火が通るまで焼く。
3. 最後にお好みでマジックソルトを振りかける。

※ポイントはトースター付属のトレイにのせて焼くこと。なければアルミホイルにのせて焼いてください。これは食パンの上にのっている具材を加熱している最中にトーストの下面が焦げ付くのを防ぐためです。

※また、トースターの電熱棒の真下に卵が来るように位置を調整します。こうすることで卵に火が通りやすくなります。

感想:おお(゚∀゚)!!これは簡単に作れて、朝食や軽食としても重宝する一品。しっかりした厚みのある食パンは食べ応えがあるし、マヨネーズや固めの半熟卵とベーコンと合わさって絶妙なハーモニーを醸していました。そして更に、マジックソルトの材料にハーブやトマトが使われているので、爽やかでほのかな酸味がマヨネーズやベーコンの味を引き締め、引き立てました。美味しい!(^^)

マヨネーズたっぷりな上にベーコンも入っているので、味の濃さを考慮して、厚めの食パンを使用するのがおすすめ。切り分けておつまみにもよさそうです。

食パンに使用した原材料の一部
パン用小麦粉:日本製粉(NIPPN)イーグル80%配合、ゴールデンヨット20%配合
イースト:Allinson Easy Bake Yeast(原産国名:イギリス)
塩:ゲランドの塩 (原産国名:フランス)

[PR]

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。