バナナシフォンロールケーキ

完熟バナナらしい重厚感のある香りを放つシフォンケーキ生地で泡立てた生クリームを巻き込んだロールケーキ。飾り気のない風貌なのに、どこかその存在感は無視し難い。

そんなことを考えながらバナナシフォンロールケーキを作ってみました。

ケーキ生地の焼成時間を長めにしたから、焼き色は濃くなりました、バナナがはいっている影響もあるだろうけれど。生地に抱き込ませるバナナの量をきっちり調節したおかげか、バナナ入りでもしっかり膨らんでくれました。

今回巻き込んだクリームはシンプルにクレームシャンティ(泡立てた生クリーム)です。

焼き上がりまでは順調だったのですが。ケーキ生地がまだ温かいうちに巻く作業をしなかったせいか、生地の側面が割れてしまいました。ほんのり温かい内に巻いたつもりだったけど、冷めすぎていたみたい。

口に入れるとハチミツやバニラとバナナの香りがほどよく調和していて、手作りらしいふんわりやさしい香りが広がります。ふわっと空気をふんだんに含んでいて、それでいてしっとり水分も保有。気泡は淡くもろく、しゅわっと溶けていくかのようです。

[PR]

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。