苺&黒胡麻と豆腐のムースケーキ

苺&黒胡麻と豆腐のムースケーキです。

フレッシュ苺と、裏ごしした絹豆腐に練り黒胡麻や生クリームを加えて作ったムースを黒胡麻ジェノワーズ(共立て法スポンジ)生地で挟んでケーキにしました。

大きさは直径12㎝です。

上表面は黒糖のジュレでコーティングし、栗の甘露煮、ゆであずき、苺、ごまのチュイール等でデコレーション。

更に、南天、万両の実、白梅、セルフィーユ等でお化粧して和風に仕立て上げました。

練り黒胡麻は、市販の炒りごまを買ってきて、自宅ですりこぎで練り上げました。ちょっとした手間なのですが、手軽に必要分だけ作れるところが気に入ってます。

胡麻油も少量加えて香りを強化。これで、想像するような胡麻らしい香りと風味が演出できました。

生クリームのクリーミーで濃厚なコクと黒胡麻の香ばしい風味は相性抜群です。

ムースもスポンジも黒胡麻。口の中かから鼻孔を伝って胡麻の香りがふーっと抜けていきます。

ムース自体はなめらかで濃厚な舌触りなのですが、材料のほぼ半分は豆腐なのであっさりした味わいで重くない。

そこへ新鮮な生の苺の甘酸っぱい果汁が加わって、さっぱりと軽い口当たりを演出してくれます。

[PR]

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。