レモンブルーベリースコーン

レモネードの香りがほんのりとする、ワイルドブルーベリーのドライフルーツの入りのスコーンです。

レモネードはインスタントで粉末状のものを加えたのですが、レモンははっきり意識するほど主張していない仕上がりになりました。2口目ぐらいから味に慣れるのか、レモン入れよね?って忘れてしまうぐらい。

少量のレモネードを薄力粉やバター等と混ぜることで作りだされた、角のない、かつ爽やかな香りは、素朴ながら、一歩下がりつつも華やかさを持たせ、全体を引き立てています。

気づきにくくても存在する、そのかすかな酸味がまた食べたいと思う気持ちを起こさせます。

焼いたスコーンは二つに割って、クロテッドクリームを塗っていただきました。

焼きたての食感は外側はさっくり、内側はほんわり。

口の中でクリームと一体化すると、ほろっと崩れて、紅茶をすすると、すーっと溶けていきました。

冷めた後の翌日の状態はほろほろとした食感に。縦に割るとぼろっと崩れます。この時の食感も好きですが、二つに割ったものをトースターで軽く焼いて、表面をサックサクにしたものも好きです。

お茶はリプトンさんのブルーベリーマフィンフレーバーティーです。これで、もっともっとブルーベリー感を堪能できるはず。

ブルーベリーマフィンを想像すると、確かにほんのりと、焼きたての甘い香りがします。ちょっとマフィンに混じって焼かれたブルーベリーの糖分が焦げてカラメル状になたような香りや、シナモンのような香りも。

そうか、シナモンかあ。スコーンにも合います。別の機会で作るときに入れてみるのもいいなあ。

[PR]

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。