ストロベリー&カスタードクリームネイキッドレイヤーケーキ

レースのフリルがたっぷりのスカートのように重ねた、ふんわり食感で、小さいけれど高さのあるネイキッドレイヤーケーキ (Naked Layer Cake表面に塗られるたっぷりクリームを取っ払った、むき出しのケーキ地肌が見える「裸の」ケーキ)です。

ニューヨーク系のバタースポンジケーキではなく、日本のショートケーキなどでおなじみのふんわりスポンジケーキで、更に層(レイヤー)を多めにして作ってみました。

ジェノワーズ・スポンジケーキ(共立て法スポンジケーキ)を2つ焼いて、スライスした後、新鮮な苺とクレーム・レジェール(ホイップした生クリーム入りカスタードクリーム)をたっぷりサンド。

スポンジケーキを作る際はクッキングペーパ―を型に合わせてカットして敷き込み、更にバターを薄く塗って、薄力粉をまぶすという少々面倒くさい作業を追加。これで油脂の少ない配合のスポンジケーキが敷紙にくっついてしまうのを回避です。そのかいあってか、焼き上がりがきれいに紙からはがれてくれた瞬間は、やってよかったー!(´∀`)な気分でした。

スライスした後は軽くシロップを打って、苺とクリームを挟んでは重ねていって最後に粉糖を振りかけて完成です。

デコレーションにはカーネーション、バラ、レモンタイム等を使用して、赤いヴェールが花嫁の頭部から垂れてくるのをイメージしながら配置してみました。

シンプルだけど、口どけも軽く飽きが来ないスポンジケーキと生クリーム入りのカスタードクリームの組み合わせは優しい味わいで、ティータイムにもぴったりでした。

[PR]

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。