甘酒と白梅


粉雪がふわり、ふうわりと空に舞いはじめたころ、甘酒を淹れました。

甘酒と白梅

白梅の花霞のような色彩が美しい。立ちのぼる湯気が糀の甘い香りを運んできて、鼻を優しくくすぐります。

スプーンで軽くかき混ぜてから、ふーふー息をかけながら少しすすってみる。

あっちっち!熱い!

再度息を吹きかけて冷まそうとする。でもこの熱さがすきなのです。

体の芯から温まる感じ。

ほら、お腹も気持ちも満たされてきた。ほーっと息を吐いて軽く天を仰ぎます。染み渡るなあ。

甘酒と白梅

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。