コーヒーロールケーキ

コーヒー風味のケーキ生地で生クリームを巻いたコーヒーロールケーキです。

型の大きさは縦31㎝×横27㎝×高さ3㎝のもので、

ロールケーキ生地は全卵を一度に泡立てる共立て法で作ったジェノワーズスポンジです。

生クリームの量は割と少なめにして、分厚いロールケーキ生地を食べるタイプにしました。ケーキ生地の厚さは、写真撮影した時点(生クリームを巻いた後、冷蔵庫で30分ほど冷やして締めた時点)で一番分厚いところを測ってみると約2.7㎝ありました。冷蔵庫でしっかり完全に冷やすと更に縮むのですが、それでも約2㎝をキープ。

ロールケーキ生地の一部を切り崩そうとすると、しゅわっと泡が潰れたような音がかすかに聞こえてきて、気分が躍りました。

しっとりさせるために加えたのは、今回はサラダ油と牛乳にしました。シフォン生地の食感で、ふんわり、しっとり、歯切れよしで、後味すっきりです。

コーヒーの香りは加えた量がやや少量だったこともあって、あっさりした軽いテイストに仕上がりになりました。

やっぱりコーヒーだけあって、生クリームとの相性は抜群ですね。ほろ苦いコーヒーの香りを包むクリームの甘さが口の中に広がって、溶けていきます。

[PR]

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。