はっさく&ブラッドオレンジバターケーキ

はっさく&ブラッドオレンジバターケーキです。

直径12㎝丸デコレーションケーキ型を使用して、側面にはシロップ煮にした八朔とブラッドオレンジを並べていき、中にバターケーキの生地を入れてオーブンで焼き上げました。ひっくり返してポンシュ(シロップでスポンジを湿らすこと。今回はオレンジシロップ煮の煮汁を少々薄めたもの)をたっぷり染み込ませて完成です。

バターケーキにはブラッドオレンジピールの角切りを混ぜ込み、はちみつや白餡、練乳を加えてしっとりとした半生和菓子のような風合いにしました。

白餡をたっぷり入れた効果か、バターケーキはしっとりややねっとり感もあって練り切りっぽいです。オレンジの香りがして、バターケーキ感もあり、総合的にはブランデーケーキと練り切りの間の子みたいな食感でした。

口に入れるとねっとり食感があり、直後にすーっと溶けていき、残ったオレンジピールや八朔のシロップ煮を噛んで味わう。徐々に柑橘類のビターな香りが強くなっていく、そんな印象でした。

飾りはカーネーション(ジェイド、メルヴェイユ)、芍薬、バラ(フリュイテ、グリーアイス等)、セルフィーユ、フレンチタイム、トルコキキョウ(ダブルアンバーマロン)等です。トルコキキョウは上品な色合いで見事な形をしているのですが、花屋さんのものなので、ケーキには直接触れないように写真の隅に配置して撮影です。

[PR]

About the author

自身の手作りのパンやお菓子、料理などを写真に収めています。 Mirac M Ray (みらく・えむ・れい)は、私が作った幸せを願う言葉で、究極的に「夢」・「希望」・「明日への扉」という意味を込めました。